読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルファザーのぼちぼちいきましょか♪

1男1女のシングルファザー!子育て&自閉症との奮闘記♪

感動のお遊戯会♪

シングルファザー日記

3月に入ってイベントが沢山あり若干パニック気味のトラトラ♪です!?

小学校の入学準備や学童の手配などやる事ありすぎて時間が足りない・・・

 

そんなバタバタの中、子供たちのお遊戯会がありました。

息子は今年最後のお遊戯会と言う事で、ビデオカメラも準備万端!!

 

 

昼からの予定なので午前中は療育学童の年間スケジュールの打ち合わせと契約をしに行ってきました。

休みが少ないので空いた時間は小学校の入学準備に追われてます(汗)

 

そして療育学童の手続きが終わりいよいよ出発です。

子供が通っている保育園はイベントをすごく盛大にやる保育園で、今回もかなり大きなホールを貸し切っていました。

 

子供たちと車で向かいながら、「息子大丈夫かな?」と心配で堪りませんでした。

去年は1演目で先生の補助を付けず、最後まで一人でできましたが今年は最後のお遊戯会と言う事もあり、4演目もしなければいけません。

期待もあるのですが不安の方が大きい中、ホールに着きました。

 

子供たちを先生に預ける時、息子の担任の先生が「期待して見ててくださいね」と一言いわれ、「本当に?」と疑いながら指定の席に着席しました。

 

最初は赤ちゃんクラスから始まり遂に1回目の息子の出番がやってまいりました。

衣装を着てダンスをするようですがビデオを構え、心の準備をし、遂に演技が始まると

 

「完璧にできてる・・・」

 

先生の補助もなく、周りの子と同じようにダンスを踊っている息子。

感動しすぎてビデオを持つ手が震えるのも関係なく泣いてしまいました。

3年前は周りの子が演技している横で座っているだけの息子、怖くなり途中で泣き叫んでいた息子、昔の事を思い出し、また息子の成長に感動して涙が止まりませんでした。

 

周りで泣いている親は私だけで恥ずかしいなと思いつつ涙が止まりません。

 

その後の演目でお芝居があったのですがなんと短いですがセリフを喋ったのです!

普通にお芝居に参加しているのにも驚きだったのにセリフまで喋ってと思うと、また号泣・・・

 

その後もパニックになる事もなく泣き出すこともなく周りの子と同じようにダンスやお芝居をして4演目が終わりました。

 

お遊戯会が終了し、子供を迎えに行ったとき担任の先生に「ありがとうございました!!」とお礼を言うと先生も息子の頑張りに泣いており、一緒に泣いてしまいました。

息子は「なんで泣いてるの?」と不思議な顔をしていましたが本当に嬉しく、感動し息子を抱きしめました。

さすがに疲れたのか、ご褒美に焼肉に行ったのですが二人とも食べてる最中に撃沈(笑)

家に帰ってビデオを見返しまた泣いてしまったバカ親でした!