読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルファザーのぼちぼちいきましょか♪

1男1女のシングルファザー!子育て&自閉症との奮闘記♪

父子家庭に新たな困難がやってきた・・・

鍼灸接骨院に行ってきて針を打ってもらいましたが、まだ腰痛に悩まされているトラトラ♪です。

 

昨日、事件が勃発しました!!

息子が小学校に入学するのでなかなか行けなかったMR(麻しん・風疹)の予防接種をおばあちゃん(前の奥さんのお母さん)にお願いしたのですが「娘(前の奥さん)が予防接種は後遺症が怖いから受けさせないで」と言ったので受けに行かなかったと言われました。

前の奥さんがおばあちゃんに言った内容は「ワクチンで自閉症になった子供が報告されているので息子の自閉症がもっと悪くなるかもしれない」との事。

私も自閉症がなぜなるのか調べたときにそのような内容の書籍があり、ワクチンに含まれる水銀が問題だと言う内容でした。

 

          

 

ただ、私は子供の事を考えワクチンは接種したいと思っております。

やはり、おたふくやポリオ等を発症してしまうと子供の命に関わる事になるからです。

なぜ自閉症になるのか?この問題は未だ医学で解明できていません。

ワクチンによる後遺症の事例があるのも承知しています。

総てを踏まえて子供達にはワクチンを接種させようと思っております。

 

その内容をおばあちゃんにも伝え、「私は受けさせます。」と言いました。

そして前の奥さんにも、親権は私が持っており、子供の事を真剣考え、最善と思われる道を示す義務も負っていますし子供の為に人生を賭ける覚悟もある。

その覚悟がなく自分の人生を優先した人に子育てに関して口を出して欲しくないと伝えました。

そこからは自分の思い通りにいかない子供のように「自分の母親に子供をみさせて利用している」など、いろいろ罵倒する内容のメールがきました。

ひとつひとつ反論をしていきましたが都合が悪くなると話を違う方に持っていき話にならないのでメールの返信はやめましたが最後に「明日お母さんが話をする言っているのでよろしく」と入ってきました。

 

正直な所、おばあちゃんには子供達をみてもらっている恩もあり、感謝もしています。

離婚時にひとりで子供を育てるというと「娘のわがままで申し訳ない。子育てを手伝わせて欲しい」と言われたときは涙が出るほど嬉しかったです。

 

ただ、やはり娘だからでしょうね。私の話より娘の話を信じて私の話はあまり聞いてくれません。

やはり私は実子ではないので難しいのかな・・・

 

今日の夜、おばあちゃんとの話し合いになると思いますが最悪は子供を見てもらうことを諦めるしかないのかなと思っています。

私の親は高齢で身体も悪くしているのでとても子供をみれる状態ではありません。

ですので学童・保育園が終わってから仕事が終わるまで見てもらえる所を探さなくてはいけません。

仕事でもお迎えに関して会社から「何とかならないか?」と言われており、二つの困難が同時にきています。

 

どうしたらこの困難に打ち勝てるか・・・悩ましいです。